width=10
ことば探し
★私は、一つ一つものごとをクリアしていき、自信をつけています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
 
1 2 3 4 
 
2017年2月6日
タイトル 「感情シグナル」がわかる心理学
著者 ジョン・ゴットマン
出版社 ダイヤモンド社 (2004/2/20)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

心理学者の著者が、日々、人間が出している感情シグナルについて
教えてくれるちょっと専門的な本です。

著者は、こう言っています。
「日々の生活のありふれた場面で、あなたが誰かと気持ちのふれ
 あいをもとうとして、シグナルを出す。相手がそれに応える、
 あるいは気づかずに無視する。そんなささやかなやりとりが、
 人間関係の土台をなしています。
 そうした日常的なシグナルは、さほどドラマチックなものでは
 ありません。見過ごすのはたやすいし、たいがい見過ごされて
 しまいます。にもかかわらず、シグナルはとても大きな力を秘め
 ているのです。そうした感情のシグナルを意識し、関心を向ける
 ことで、親しみの気持ち、お互いを支えたいという気持ちを表現
 し、受け止めることができ、深い絆をつむいでいけるのです」

自分の発している感情シグナル、相手が発しているシグナル…
そんなシグナルに気がつき、大切に扱うことで、人間関係が驚く
ほど改善し、深い人間関係を作り出していくことができるという
ことです。


例えば、こんなことが書かれています。
 1.私たちの感情はシグナルで伝わる
 2.自分の感情シグナルを見直す
 3.やってはいけない6つのこと
 4.感情の指令システムを理解する
 5.感情の自分史をさぐる
 6.感情を上手に伝えるスキルを磨く
 7.相手と分かち合える大切なものを見つける


調査、研究の積み重ねの上で書かれた、かなり科学的で実践的な
本です。最新の研究成果を踏まえたエクサイズも掲載されています。
少し専門的ですが、わかりやすくかかれているので、人間心理、
非言語コミュニケーションなどに興味のある方には、おすすめの
本です。

この本からのことば 感想 掲載日
人生には、満足したり、幸せな気分になったり、 心を安らかになることもたくさんありますが、 イライラ 人間の感情を調査、研究しているゴットマン博士は、 自分の感情を見つめてみることが大切だと言っています 2016-08-05
ふだんは意識していませんが、 私たちの生活を支える基盤は案外もろいものです。 たった一瞬で、なにもか 人はどうしても、相手が、 こうしてくれたら、こうしてあげよう… ここを直してくれたら、愛してあげよう 2007-07-07
対立するのは、どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って 対立すると、どうしても自分の正しさを主張したくなる。 しかし、相手もそう思っている。 どちらが正しい 2007-06-21
「相手の関心を引きつけるよりも、  相手に関心を持つことが大事」 私の30年の研究からも、 これ以 人は、誰でも、 自分に関心を持ってもらいたい、と 自分に関心を持ってもらったら、嬉しいと 思っている 2007-06-04



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』