width=10
ことば探し
★私は、本当にしたいことを思う存分しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
2017年8日31日
1分間思考改革術
2017年8日30日
人間関係に活かす 使うための心理学
2017年8日29日
大人の生き方 大人の死に方
2017年8日28日
考え方と生き方を変える10の法則
2017年8日25日
こころの温度計
2017年8日24日
お金とモノから解放されるイギリスの知恵
2017年8日23日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2017年8日22日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日21日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2017年8日10日
笑いの治癒力
2017年8日9日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2017年8日8日
伝えるための3つの習慣
2017年8日7日
だから優しく、と空が言う
2017年8日4日
人をいかに愛し、生きるか
2017年8日3日
心のなかの幸福のバケツ
2017年8日2日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年8日1日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年7日31日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
 
1 2 3 4 
 
2017年2月6日
タイトル 「感情シグナル」がわかる心理学
著者 ジョン・ゴットマン
出版社 ダイヤモンド社 (2004/2/20)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

心理学者の著者が、日々、人間が出している感情シグナルについて
教えてくれるちょっと専門的な本です。

著者は、こう言っています。
「日々の生活のありふれた場面で、あなたが誰かと気持ちのふれ
 あいをもとうとして、シグナルを出す。相手がそれに応える、
 あるいは気づかずに無視する。そんなささやかなやりとりが、
 人間関係の土台をなしています。
 そうした日常的なシグナルは、さほどドラマチックなものでは
 ありません。見過ごすのはたやすいし、たいがい見過ごされて
 しまいます。にもかかわらず、シグナルはとても大きな力を秘め
 ているのです。そうした感情のシグナルを意識し、関心を向ける
 ことで、親しみの気持ち、お互いを支えたいという気持ちを表現
 し、受け止めることができ、深い絆をつむいでいけるのです」

自分の発している感情シグナル、相手が発しているシグナル…
そんなシグナルに気がつき、大切に扱うことで、人間関係が驚く
ほど改善し、深い人間関係を作り出していくことができるという
ことです。


例えば、こんなことが書かれています。
 1.私たちの感情はシグナルで伝わる
 2.自分の感情シグナルを見直す
 3.やってはいけない6つのこと
 4.感情の指令システムを理解する
 5.感情の自分史をさぐる
 6.感情を上手に伝えるスキルを磨く
 7.相手と分かち合える大切なものを見つける


調査、研究の積み重ねの上で書かれた、かなり科学的で実践的な
本です。最新の研究成果を踏まえたエクサイズも掲載されています。
少し専門的ですが、わかりやすくかかれているので、人間心理、
非言語コミュニケーションなどに興味のある方には、おすすめの
本です。

この本からのことば 感想 掲載日
人生には、満足したり、幸せな気分になったり、 心を安らかになることもたくさんありますが、 イライラ 人間の感情を調査、研究しているゴットマン博士は、 自分の感情を見つめてみることが大切だと言っています 2016-08-05
ふだんは意識していませんが、 私たちの生活を支える基盤は案外もろいものです。 たった一瞬で、なにもか 人はどうしても、相手が、 こうしてくれたら、こうしてあげよう… ここを直してくれたら、愛してあげよう 2007-07-07
対立するのは、どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って 対立すると、どうしても自分の正しさを主張したくなる。 しかし、相手もそう思っている。 どちらが正しい 2007-06-21
「相手の関心を引きつけるよりも、  相手に関心を持つことが大事」 私の30年の研究からも、 これ以 人は、誰でも、 自分に関心を持ってもらいたい、と 自分に関心を持ってもらったら、嬉しいと 思っている 2007-06-04



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』