width=10
ことば探し
★家族兄弟、親戚と、とても良好な関係を築いています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
 
1 2 3 4 
 
2017年1月25日
タイトル 病気は才能
著者 おのころ心平
出版社 かんき出版 (2011/9/22)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

エネルギー療法、イメージワーク療法にも通じ、アスリートの
ケガの心理、経営者と職場の心理、美容のココロについて数々の
セミナー、指導を行っている著者が、2万件のカウンセリング実績
から導き出された ココロとカラダの偉大な力を教えてくれる本。

この本の目的は、
「ココロの力で、あなたの病気を病気でなくして
しまうこと」
にあるそうです。

そのSTEPは3つ。(以下、書籍紹介から抜粋)

STEP1 
まず「カラダに表れる症状を否定しない」ことから始めましょう。
症状を悪いものと決めつけてしまうと、
そこから広がるイメージにブロックがかかってしまいます。
症状の裏にあるココロを見つめ、 カラダの不調に対するあなたの
「思い込み」を外していきます。

STEP2
病の階層を5段階で見ていきます。
病気は、段階的に抑圧されたエネルギーの「現象化」なのです。
よくある症状や各段階での代表的な病気を個別に考察し、その成り
立ち・ 特徴からそれぞれにおける「才能化へのアクション」を
見出していきます。症状や病気の中に、あなたの「自分らしさ」
を発見していきましょう。

STEP3
「病の階層」を逆にたどって、カラダの自由度を上げていきます。
個々の疾患にとらわれない共通のつよいカラダづくりの指針を
示します。
それは同時に、あなたのカラダを才能化させるプロセスとなります。


そのほか、病気(症状)と心の関係なども書かれています。
例えば、目が疲れやすくかすむ、よく口が渇く、いびき、扁頭痛
めまい、不整脈、手足の冷え、不眠、痔、じんましん、花粉症、
空咳、便秘、ぜんそく、膝の痛み、インポテンツなどなど。
興味のある方は、ぜひ、読んでみてください。

この本からのことば 感想 掲載日
高血圧→  ものわかりのよい人間だと思われたい 糖尿病→  他人にいい顔をしたい 痛風 →  夢や理 これは、おのころさんが、身体の最新情報、心理学、 東洋医学、ボディワーク、ヨガなどなを学んだり、習っ 2013-10-01
人は、言葉で思慮するもの。 そして、思考はその人をつくり、やがて、その人のカラダに 抜き差しならぬパ おのころさんは、言葉とは「個と場」のことで、 個体と場をつなぐツールだと言っています。 つまり、言葉 2013-06-07
病気や症状には、膨大なエネルギーが使われています。 たとえば1兮腓里ん病巣には10億個ものがん細胞 この本は、私が入院しているときに読んだのですが、 「症状の裏にあるココロを見つめ、 カラダの不調に対 2013-06-06



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』