width=10
ことば探し
★私は、今の悲しみを受け入れ、受け止め、そして忘れます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
2017年6日23日
神の業は現われる
2017年6日22日
「自分」取扱説明書
2017年6日21日
がんばっていても不安なあなたへ
2017年6日19日
失敗礼賛 不安と生きるコミュニケーション術
2017年6日16日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年6日15日
豊かな人間関係を築く47のステップ
2017年6日14日
「できる人になる」成功の秘訣
2017年6日13日
心にズドン!と響く運命の言葉
2017年6日12日
人の心はどこまでわかるか
2017年6日9日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年6日8日
大人の生き方 大人の死に方
 
1 2 3 4 
 
2017年1月18日
タイトル 話すチカラをつくる本
著者 山田 ズーニー
出版社 三笠書房 (2007/03)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

文章表現や小論文分野の専門家の著者が、自分の想いをきちんと
言葉にして相手に伝え、望む状況を切り開くための基礎知識を
わかりやすく教えてくれる本です。

著者は、こう言っています。
「いまコミュニケーションの問題は、私たちが難しいことを知ら
 ないからではなく、基本をおろそかにしていることで起こって
 います。
 フタをあけてみると、「そもそも」の基本レベルのすれ違い
 ばかり。それだけに基礎がしっかりした人は強い」


ということで、この基礎知識「伝わる要件7つ」を教えてくれ
ます。
 1.自分のメディア力を高める…
   相手から自分はどう見られていますか?
 2.3.
   意見+論拠(=機能する話の大原則)…
   一番言いたいことは何ですか?
   なぜそう言えますか?
 4.目指す結果…
   目指す結果は何ですか?
 5.論点
   どんな問いに基づいて話してますか?
 6.相手のとっての意味…
   相手から見たら、あなたの言っていることは何?
 7.根本思想…
   あなたの根っこにある想いは?


その他、
 ◎おわび・お願い、人を説得する技術
 ◎共感の方法…人を励ます、誤解を解く
 ◎正論はなぜ通じないか?
 ◎信頼を切り開く!メッセージの伝え方
 ◎部下にやる気をわかせる指示の出し方


いっけん難しそうな感じがしますが、書かれている内容は、
なるほど、そうなのか…と思うような身近なことが多く、とても
勉強になる本です。
人を説得したり、説明したりする仕事につかれている方、人前で
話をする機会が多い方、これから人前で話していきたいと思う方
には、とてもおすすめの本です。

この本からのことば 感想 掲載日
「意見」とは、「あなたが一番言いたいこと」です。 まず、これをはっきりさせる。 「論拠」とは、「なぜ そして、この「意見と論拠」(もしくは「論拠と意見」)で、 社会生活、学問からビジネスまで、だいたいの 2011-02-24
人の心が動けば状況は動いていきます。 あなたの言葉によって、相手の心が、 ほんのちょっと動くことを目 自分が何をいつも言っているか、 何を語っているか、ちょっと振り返ってみよう。 いつも、ワンパターン 2009-02-17
次の5つから「宇宙人発見」のニュース、 「これで見たら信じる」というものをいくつでも選んでください。 この本では、「自分のメディア力」を 常日頃から、高めておくことが大事だと言っています。 例えば、 2009-02-16



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』