width=10
ことば探し
★神は、私に無限に与えてくれます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
2018年5日21日
人はなぜウソをつくのか?
2018年5日17日
自分を動かす言葉
2018年5日16日
その上司、大迷惑です。 困った上司とかしこく付き合う傾向と対策
2018年5日15日
できる人の人生のルール
2018年5日14日
ハッピーエンド・コンプレックス
2018年5日11日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2018年5日10日
あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと
2018年5日8日
夫よ!あなたがいちばんストレスです
2018年5日7日
叱り方・ほめ方・教え方100の鉄則
2018年5日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2018年5日1日
回復力~失敗からの復活
2018年4日27日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
 
1 2 3 4 
 
2017年1月17日
タイトル ここまでやれる、自分の人生!
著者 松阪 麻樹生
出版社 三笠書房 (1997/01)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

デール・カーネギーの教えの実践者でもあり、トレーナーとして
第一人者でもある著者が
「自分の人生を投げ出すな、道は必ず開ける!」という信念を
もとに、前向きに生きることを語ってくれる本。

著者は、こんなことを語っています。
「一般的にいって、人間の持っているエネルギーの
 40%くらいが、“将来の不安”に向けられ、
 30%程度が、“過去に対する後悔”のために消費され、
 いちばん肝心な“今日一日に注ぎ込まれるエネルギー”が
 全体の30%ほどにすぎないのではないか。
 これではどうみても、現在の一瞬一瞬に自分の全力を出し切れる
 わけがない。
 過去や未来のことを頭の中から完全にシャットアウトして、それ
 について考えないというのは無理な注文かもしれないが、だが、
 “未来の不安”のために吸い取られるエネルギーをせめて15%
 程度に減らし、“過去の後悔”に費やすエネルギーも10%くら
 いまで抑えられたらどうだろう。
 残りのエネルギーの3/4は、今日、いまこの瞬間のために、
 使えるようになるのではないか」

前向きに生きるためには、自分の限りあるエネルギーをできるだけ
よい方向に向けて出していった方がいいといっています。
そして、今日一日を、精一杯生きようと。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎「気がつくが気にしない」人間の強さとたくましさ
 ◎幸運を呼ぶ人、実現する人の“心の用い方”
 ◎こうすればあなたにも必ず“説得力”がつく
 ◎人を説得して自分の味方につける法!
 ◎“正しいこと”と“適切なこと”はまるで違う
 ◎人生の“最高の見返り”を手に入れる法
 ◎“出番を”つくれ、“出番”を活かせ!
 ◎人を「動かす」のではなく、「動き出す」ようにせよ
 ◎“演出力”のない人は大きくなれない
 ◎自分の“最高の人生”のために今決心すること


少し事例が古いところもありますが、デール・カーネギーの言葉も
紹介されており、読み応えがあります。じっくりと読んでみると
いいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
「ほめるなんていう軟弱なやり方ではダメだ。  ビシビシ叱り、厳しく鍛え上げてこそ、  人は伸びるし、 注意や叱責をしっかりと自分のものとして 受け入れられる人はいいが、そんな人ばかりではなく、 注意や叱 2008-09-26
(カーネギーが紹介している1本の巨木の話から) 400年の風雪と十数回の落雷にも耐え抜いてきたその巨 そして、著者はこの話についてこう書いている。 「たしかに私たちは、  大きな不幸や災いという人生の 2008-09-13
私たちの人生も、晴天続きというわけにはいかない。 いつなんどき不当な批判という“にわか雨”に 見舞わ こちらに落ち度はなく、ベストも尽くし、 そして、結果もいい、などというときでも、 何か言ってくる人は 2008-09-12




『おすすめ本の紹介』