width=10
ことば探し
★仕事で、成功するためのアイディアが次から次にわいてきます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年3日23日
積極的考え方の力
2017年3日22日
叩かれても絶対に潰されない人生輝く41の法則
2017年3日21日
念仏に生きるとき
2017年3日17日
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
2017年3日16日
マインド・パワー
2017年3日15日
信念をつらぬく
2017年3日14日
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
2017年3日13日
問題解決のための「質問力」
2017年3日9日
「成功おじさん」の最優先ルール
2017年3日8日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2017年3日7日
怒りに効くクスリ
2017年3日6日
怒りのセルフコントロール
2017年3日3日
いのちの響 心の言葉
2017年3日2日
あなたに喜んでもらえるように
2017年3日1日
幸せのありか
2017年2日28日
残念な人の仕事の習慣
2017年2日27日
怒りのセルフコントロール
2017年2日24日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2017年2日23日
ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧
2017年2日22日
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社
2017年2日20日
人生を変えた贈り物
2017年2日17日
きみまろ「夫婦川柳」傑作選
2017年2日16日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年2日15日
言霊の法則
2017年2日14日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年2日13日
腐ったバナナを捨てる法
2017年2日7日
わかりあえない理由
2017年2日6日
「感情シグナル」がわかる心理学
2017年2日3日
ギルフォード博士の子どもに自信をもたせる育て方
2017年2日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
 
1 2 3 4 
 
2017年1月17日
タイトル ここまでやれる、自分の人生!
著者 松阪 麻樹生
出版社 三笠書房 (1997/01)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

デール・カーネギーの教えの実践者でもあり、トレーナーとして
第一人者でもある著者が
「自分の人生を投げ出すな、道は必ず開ける!」という信念を
もとに、前向きに生きることを語ってくれる本。

著者は、こんなことを語っています。
「一般的にいって、人間の持っているエネルギーの
 40%くらいが、“将来の不安”に向けられ、
 30%程度が、“過去に対する後悔”のために消費され、
 いちばん肝心な“今日一日に注ぎ込まれるエネルギー”が
 全体の30%ほどにすぎないのではないか。
 これではどうみても、現在の一瞬一瞬に自分の全力を出し切れる
 わけがない。
 過去や未来のことを頭の中から完全にシャットアウトして、それ
 について考えないというのは無理な注文かもしれないが、だが、
 “未来の不安”のために吸い取られるエネルギーをせめて15%
 程度に減らし、“過去の後悔”に費やすエネルギーも10%くら
 いまで抑えられたらどうだろう。
 残りのエネルギーの3/4は、今日、いまこの瞬間のために、
 使えるようになるのではないか」

前向きに生きるためには、自分の限りあるエネルギーをできるだけ
よい方向に向けて出していった方がいいといっています。
そして、今日一日を、精一杯生きようと。

例えば、こんなことが書かれています。
 ◎「気がつくが気にしない」人間の強さとたくましさ
 ◎幸運を呼ぶ人、実現する人の“心の用い方”
 ◎こうすればあなたにも必ず“説得力”がつく
 ◎人を説得して自分の味方につける法!
 ◎“正しいこと”と“適切なこと”はまるで違う
 ◎人生の“最高の見返り”を手に入れる法
 ◎“出番を”つくれ、“出番”を活かせ!
 ◎人を「動かす」のではなく、「動き出す」ようにせよ
 ◎“演出力”のない人は大きくなれない
 ◎自分の“最高の人生”のために今決心すること


少し事例が古いところもありますが、デール・カーネギーの言葉も
紹介されており、読み応えがあります。じっくりと読んでみると
いいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
「ほめるなんていう軟弱なやり方ではダメだ。  ビシビシ叱り、厳しく鍛え上げてこそ、  人は伸びるし、 注意や叱責をしっかりと自分のものとして 受け入れられる人はいいが、そんな人ばかりではなく、 注意や叱 2008-09-26
(カーネギーが紹介している1本の巨木の話から) 400年の風雪と十数回の落雷にも耐え抜いてきたその巨 そして、著者はこの話についてこう書いている。 「たしかに私たちは、  大きな不幸や災いという人生の 2008-09-13
私たちの人生も、晴天続きというわけにはいかない。 いつなんどき不当な批判という“にわか雨”に 見舞わ こちらに落ち度はなく、ベストも尽くし、 そして、結果もいい、などというときでも、 何か言ってくる人は 2008-09-12



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』