width=10
ことば探し
★私は、笑顔がとてもステキだと言われます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年7日25日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年7日24日
「心配性」と上手につきあう方法
2017年7日21日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2017年7日19日
今日が、その日だ!
2017年7日18日
幸福のボタンをかけ直す60分レッスン
2017年7日14日
脳からストレスを消す技術
2017年7日13日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年7日12日
時間とお金をムダにしないで成功する方法
2017年7日11日
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
2017年7日10日
勇気がわいてくる子育て70の言葉
2017年7日6日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年7日5日
変な人が書いた成功法則
2017年7日4日
人生は好転できる
2017年7日3日
だからすれ違う、女心と男脳
2017年6日30日
時間上手の暮らし方
2017年6日29日
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ
2017年6日28日
機長の「集中術」
2017年6日27日
いつでも、逆に考えるとうまくいく。
2017年6日26日
ありがとう 生きること そのすばらしさ
2017年6日23日
神の業は現われる
2017年6日22日
「自分」取扱説明書
2017年6日21日
がんばっていても不安なあなたへ
2017年6日19日
失敗礼賛 不安と生きるコミュニケーション術
2017年6日16日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年6日15日
豊かな人間関係を築く47のステップ
2017年6日14日
「できる人になる」成功の秘訣
2017年6日13日
心にズドン!と響く運命の言葉
2017年6日12日
人の心はどこまでわかるか
2017年6日9日
アドラー珠玉の教え 自分の人生を最高に生きる77のヒント
2017年6日8日
大人の生き方 大人の死に方
 
1 2 3 4 
 
2017年1月12日
タイトル 「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!
著者 ブライアン・トレーシー
出版社 ダイヤモンド社 (2005/7/15)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

高校を中退後、数年間の肉体労働を経て、セールスマンになり、
ビジネスを覚え、そして自力で億万長者になった著者が、その体験
を元に、成功の秘訣を教えてくれる本。
ビジネス界に入ってから、著者は、会社でトップのセールスマンの
ところに行き、どんな売り方をすればいいか訪ね歩き、その結果、
「何かを望むなら、それを成し遂げた人を見つけ、同じようにやれ
ばいいということ」に気づき、それから、成功ルールを集め、実践
し、そして、自ら億万長者になっていったのです。

著者はこう言っています。
「自分の未来をつくるカギはこうである。
 「どんな望みであれ達成の《可能性を高める》ためにできる
  ことはすべてせよ」ということだ。
 ごく些細なことが成否を分けることもありうるのだから(略)
 人々が幸運と呼ぶものをいっそう享受するカギは、望ましい結果
 をもたらす可能性がより高い行動をとることである。
 同時に望ましい結果をもたらさない行動は避けなければならない」


そして、著者は「夢のリスト」をつくることをすすめています。
手順はこうです。
 ステップ1 自分のビジョンをつくる
 ステップ2 自分へのミッションを書き出す
 ステップ3 自分の夢のリストをつくる
 ステップ4 目標のリストをつくる
 ステップ5 リストのなかで1番メリットのあるものを選ぶ
 ステップ6 目標達成のためのプランをつくる
 ステップ7 プランにもとづいて動き出す


自己啓発本を読み慣れている方にも、初めて読む方にもおすすめ
の本です。

この本からのことば 感想 掲載日
どんなにつらくても自分の弱点を正直に認めることだ。 もっとも弱いことというのは、 あまりやりたがらな 人の意見に耳を傾ける、ということはむずかしい… それが、特に、自分のやり方や生き方などに対したもので 2011-01-14
問題を「挑むべき課題」と考える。 さらによいのは「好機」と考えることだ。 言葉は重要である。 言葉 この本では「問題解決」について、こうも言っています。 「問題解決法の第一段階は、落ち着いて自信と期 2011-01-12
理想の人格はいまからつくられる。 過去の過ちにこだわってはいけない。 過ちを犯したのは、過去のあな 過去の過ちに、あまりにこだわると前に進めなくなる。 過ちの経験がじゃまをするのだ。 しかし、過ちの経 2007-12-25



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』