width=10
ことば探し
★私は、いつも自分の成功を信じて行動しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年11日22日
幸運のつくり方
2017年11日21日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2017年11日17日
話を聴く力が人生を変える
2017年11日16日
モンダイは君のその喋り方と態度だ!
2017年11日15日
「わかる」とはどういうことか
2017年11日14日
そっとあなたの“欠点”を直してくれる本
2017年11日13日
人生の意味
2017年11日8日
キレないための上手な怒り方
2017年11日7日
脳には、自分を変える「6つの力」がある
2017年11日6日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
 
1 2 3 4 
 
2017年1月11日
タイトル 燃えるだけ燃えて生きよ!
著者 アラン・L. マクギニス
出版社 三笠書房 (1992/05)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

アメリカの精神科医であり、牧師であり、とても人気のある作家で
もある著者が、生きていくために大切な原理原則、そして、能力の
出し方、考え方、熱意についてなどを、事例をあげながらわかりや
すく教えてくれる本です。

著者は、人生をたくましく生きていく人々について、こう言って
います。
「似たような環境、似たような挫折体験をもちながら、ふつうの人
 ならば決して立ち直れないと思われる事態に直面しても、しっか
 りとそれを乗り越える人間が現に存在する。そうした人々は他の
 人とどこが違うのだろうか。
 心の問題を専門としている私の長い経験を通して得た結論を述
 べるならば、それはズバリ人生を「前向き」にとらえているか、
 そうでないかにあるのだ。
 前向きな考え方をする人はとび抜けて魅力的な容姿をしている
 わけでも、並はずれた知能をもっているわけでもない。
 ただ、彼らは自分自身にやる気を起こさせる方法を知っており、
 人生のさまざまな問題に対しては「やればできる」精神で取り
 組むのである。」


例えば、こんなことが書いてあります。
 ・忍耐、努力の「甘味」がわかってからが本当の人生だ!
 ・世の中「完璧なもの」は何もないとわかれば肚(はら)が
  すわってくる
 ・「よく働いている人」に疫病神はとりつかない
 ・今の生き方で自分の人生に納得がいくか!
 ・心にいつも「張り」をもっている人の快適人生!
 ・「心の掃除」1つで人の顔つきはこれほど変わる!
 ・こうすれば不平・不満知らずの人生を生きられる!
 ・どんな「魔法」が彼らをここまで強くしたのか!
 ・強烈な「生命エネルギー」が腹の底からこみ上げてくる!
 ・「本当にやりたいこと」をもっているか、そしてやっているか
 ・人生最高の宝を築く人の「愛」についての考え方
 ・自分の中「弱い部分」とどう折り合いをつけていくか
 ・人生成功の秘訣はこれしかない!
 ・人間、バカになる時、バカになってはいけない時!
 ・こんな訓練1つで自分をどんどん「積極化」できる!


基本的な原理原則がしっかりと書かれている本で、かなり骨太な
自己啓発本です。事例が、有名人と少し古いものが多いですが、
じっくりと読んでみる価値のある本だと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
ベトナム戦争直後のことだ。ある時、私の友人が ものすごいどしゃ降りの最中に、アリゾナの ガソリンスタ この本を読んでいて、記憶に残った話の1つでした。 人は忘れやすいから、ある時に、 「これが叶ったら 2007-04-07
ある夏の日に母親がキイチゴを 少しばかり摘んでくるように送り出した。 私は反抗してわざとのろのろと 言われたこと、頼まれたこと、日常の些細なこと、 イヤイヤ、ノロノロとやることもできるが、 それを楽し 2007-04-05



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』