width=10
ことば探し
★私は、チャレンジすることに対する、怖れと恐怖感を全部手放します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03971796

■2021年08月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「すぐやる人」は、
すぐやることでモチベーションを
高めることに成功しています。

ではなぜ、すぐやることで、
モチベーションを高めることが
できるのでしょうか?

さまざまな要因がありますが、
そのひとつに「ツァイガルニック効果」
が挙げられます。

ツァイガルニック効果とは、
「人間は達成できなかった物事や、
 中断、停滞している物事に対して、
 より強い印象を持つ」
という心理学的な現象です。

小さな一歩でも
アクションを起こすことで、
「やり残し感」のようなものが
記憶に残ります。
そして「完成させたい」という
欲求を湧き立たせることに
繋がっていきます。


モチベーションの鮮度が高いうちに、
0を1に変えておくことで、
より強い意識を持てるようになり、
行動が続いていくきっかけを
与えてくれるのです。


出典元 「すぐやる人」と「やれない人」の習慣
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 塚本 亮

まゆの感想
塚本さんは、さらに、

「モチベーションとは、
 魚のようなものです。
 獲れたて一番おいしいのと同じで、
 モチベーションにも鮮度があります。

 「やれない人」は、
 明日も高いモチベーションを維持できると
 思い込んでしまって、また明日やればいい、
 また明日からはじめようというように、
 自分を納得させているのです。

 しかし、ふとしたときに振り返ってみると
 やってなかったことに気づき、その自分に
 「ダメな自分」というレッテルを
 貼ることになるのです。
 そのときにはもうモチベーションが
 大きく減少していますので、そこから
 もう一度モチベーションを上げる、
 つまり鮮度を取り戻すのは、
 容易ではありません」

と言っています。
すぐにやる人は明日を疑い、
やれない人は、明日を信じる、
とも(苦笑)

ついつい、
明日の自分のモチベーションを
信じがちですが、いえいえ、
モチベーションにも鮮度があり、
いつまでも持ち続けられるわけではない、
明日もそのモチベーションを
持っていられるかわからないのですね。

だから、モチベーションが高いうちに、
さっさと行動に移すことが大事なのですね〜
頭であれこれ考えずに、
ダメだダメだなんて思わず、ね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 8pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから