width=10
ことば探し
★○○プロジェクト(仕事)に、私は、全力をつくしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03568125

■2018年12月25日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

PTA忘年会の二次会で次の人が歌う中、30代のお母さんが、
私の耳元で歌に負けじと、大きな声でこう言いました。
「でもさ、会長!なんだ、かんだ言っても、
 人間は死ねばゴミだよね、ゴミ。あたしはさ、そう思うわけよ」
酔っぱらい特有の爐任發記瓩濃呂泙覯駭辰蓮
私もよくやるので気にはなりませんが、内容が気になりました。(略)

わざわざ私の隣へ移動してきたお母さんは、
昭和63年に発行された伊藤茂樹さんの「人は死ねばゴミになる」
という本を読み、人を物質として「役にたつか立たないか」と
見るその考え方に、無条件に共感したのでしょう。
私は、ビール片手にまだ一人で頷いている彼女に言いました。

「そう考えるのはあなたの自由だけど、
 もしあなたの小学校四年生のお嬢さんが、
 あと3日の命だと言われたとして、
 ベッドからあなたの顔を見上げて、
 「お母さん、私はもうすぐ死ぬのね。死んだらゴミになるのね」
 とさびしそうにつぶやいたら、
 「そうよ、ゴミなるのよ」って言えるんですか?」
私は、彼女が黙っているので、先を続けました。

「言えないなら、自分以外の人に「死んだらゴミになる」
 なんて言わない方がいいんじゃないですか」
そして、「死んだらゴミになる」ことよりもずっと確かなことを、
冗談っぽく加えました。
「死んでからのことなんか、わからんとしておいて、
 どう生きるかを考えたほうがいいですよ。
 だって、人は死ぬまでちゃんと生きているんですからね」


こう私が言うと、彼女は隣で頷きながら、
「死ぬまで生きてる…、だよねえ、そうだよね。
 人は死ぬまで生きているんだよね、うんうん」
と独り言を言いながら、再びビール片手に別の場所に移り、
「だよねえ。人ってさ、死ぬまで生きているんだよねえ」
と隣の人の耳元で、嬉しそうに叫んでいました。


出典元 人生を○洗い 読めば心が軽くなる日本一やさしい般若心経
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 名取 芳彦

まゆの感想
住職の名取さんは、

「「人間死ねばゴミになる」という言葉は、
 その直前に「どうせ」という言葉が省略されているような気がします。
 そして、そこには、人生を諦めたという印象があって、
 私はあまり好きではありません。

 「だから、どう生きるか」という問いに対する答えが卑屈になったり、
 虚無的になったりしては、せっかく産んでもらった人生、
 もったいないと思うのです。
 煩わしさを嫌がり、ニヒルを気取り、卑屈になるよりも、
 死ぬまで生きる人生を、しがらみを楽しみながら、
 心を大きくして生きていきたいものです」

確かに誰かに「人間死ねばゴミになるんだから」などと、
言われたら、「え、あ、そうなの?」ととまどい、
あまりいい感じは受けませんが、でも、自分で思うなら、
「どうせ」「人間死ねばゴミになる」なら、
それはそれでスッキリするし、気楽でいいようにも思えるので、
なんだかんだ言ってないで、思い切り生きようと思います(笑)
死ぬまで、ちゃんと生きていきたいなとも。
それに、ゴミになって、地球の土の中にかえる、
それはそれで、悪くないし、幸せなような気がします。
でも、人には言いませんよ〜

みなさまは、どんなふうに受け止められるでしょうか。
死生観は、生き方にも影響を与えますよね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから