width=10
ことば探し
★私は、仕事で充分に力を発揮しており、とても満足しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03366687

■2018年12月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「苦労をかけて申し訳ない。
 これからは、好きな人生を送ってください」

自殺を決意した夫は、
妻に遺そうと遺書をしたためた。
しかし、自殺は失敗する。
そして、妻は夫に、

「とりあえずいまは、
 わずかな光が見えるトンネルに逃げましょう。
 どこか他の地で、
 もう一度やり直してみましょうよ」


生きて、やり直そうと説得した。


出典元 生きてこそ―もう一度、“幸”つかむまで
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 野口 誠一

まゆの感想
この話は実話で、兄弟の借金をかかえ、会社経営に失敗し、
六甲山で自殺をはかったNさんが、自殺に失敗し、
妻の元へもどったとき、妻がNさんに語りかけたことばは、

「倒産?かまわないじゃない。
 それで命がとられるわけじゃないわ。
 神戸にいるのが苦しいのなら、どこか他の場所で、
 もう一度やり直してみましょうよ」

だったそうです。
そして夜逃げをするのですが、その後きちんと法的な整理もし、
東京のアパートで共働きをして幸せに暮らしているそうです。

会社の倒産、借金、裏切りなどで、人生に転落した元社長たちの
自殺を食い止めようとする、八起会会長の野口さんは、
この本の中で、こんなことを話しています。

「私たちの仲間でも、再起できる人、再起できない人がいる。
 どこか違うかいうと、苦しみ方である。
 再起する人は、いつも明日のことで苦しんでいる。
 ダメな人は、過去で苦しむ。
 「あの時、あんなことさえなかったら…」と、
 いつまでもこだわっている。
 夜逃げはいけないが、たとえ夜逃げというかたちでも、
 過去ではなく未来を見つめられる場所をまずは、
 見つけてほしい」と。

野口さんは、2016年逝去されましたが、
その教えをこうた八起会の先輩たちが「倒産110番」を
継続されています。
http://yaoki.html.xdomain.jp/index.html

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから