width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)と、健全で楽しく、親密な関係を築いています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03351780

■2018年10月09日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

評価するときに避けたいのが、去年と今年の比較。
これは、仕事の現場でよく起きます。
去年めちゃくちゃ黒字を出している人がいるとします。
もちろん今年も黒字なのに、去年に比べると足りない。
すると、
「あれ?足りないんじゃない?」
って声が上がったりする。

そのときに、
「もっとできると思ってるから期待して言っているんだ」
なんてフォローして言うのですが、
「いったん、褒めてよ!」
って本人は思っていたりします。

いい成績を見慣れてしまうと、喜ぶレベルが上がったりしがち。
でも、本人にとっては、
ひとつひとつがどれも大事な結果なのです。
現状をしっかり褒めてあげてください。

相手と比較せず、伸びたら褒めます。
褒められることは大事な成功体験です。


「俯瞰(ふかん)」「鳥瞰(ちょうかん)」の視点に立てば、
評価基準はどうとでも変わります。
少しでも上の順位を目指そう!とか、
正しい方向に導いてあげなくちゃいけない!
と張り切り過ぎてはいけません。


出典元 「やる気」を引き出す黄金ルール
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 沼田 晶弘

まゆの感想
指導者や親はもちろん、身内でも、
「俯瞰(ふかん)」「鳥瞰(ちょうかん)」のような視点、
つまり、高いところや少し離れたところから、客観的に
全体を見渡すような目線を心がけることは大切だそうです。

仲間内や身内になると、
「あれもできない、これもできてない、あの人比べると…」
などなど、ついつい厳しい目が向きがちですが、
それでは、仲間も部下も子ども配偶者も腐りがちで、
やる気も出ず、伸びにくいそうです。

特にお子さんに関しては、沼田さんは、
「オールマイティではないのが人間だし、
 その子にだって、きっと得意なことがありますから、
 全部いちいち「足りない」なんて気にしないで、
 得意なことをどんどん伸ばしてあげるのが先決です」
と言っています。

そして、大人でしたら、
「他人や過去と比較せず、できている事実を認めて褒める」
ことがとても大事だそうです。
そうですよね〜
他人や過去と比較されて何か言われても、褒められても、
何かどうもスッキリしませんし、やる気は出てこないような…
それより、今できていることをしっかり認めてもらい、
褒めてもらう方が嬉しいしやる気もでるように思います。
みなさまは、どうですか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから