width=10
ことば探し
★私は、人のアドバイスに耳を傾ける器の大きな人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03353938

■2018年09月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

デボラ・タンネンとミヒャエル・マリーは、
夫婦のコミュニケーションにとって生じやすい基本現象を
次のようにまとめています。

〇妻たちは、夫と話し合いながら
 二人の関係を深めたいと考えている。
●夫たちは、妻と話し合わないで
 二人の関係を深めたいと考えている。

〇妻たちは、夫たちの「だんまり」行為を
 「愛の失墜」と理解する。
●夫たちは、妻が黙ってしまうと
 「妻は今、ふれられたくないんだな」と理解する。


妻たちは、夫が話さないことを「破壊的な行為」だと認識する。
夫はそれが関係を深めるためによいと判断しているのに。
夫たちは、妻が常時語りたがるのを
「二人の関係に鬼門をいだいている」と認識する。

妻にとっては、「いつも話し合うこと」は
二人の関係をケアするためであるのに。
もう少し進むと、夫にとって、
妻の態度が「破壊的」に見えてくる。
妻は、関係を深めるためにそうしているのに。


出典元 二人が向かい合うために
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 フォルカー A.レーナルト, フェリシタス A.レーナルト

まゆの感想
夫婦、カップルのコミュニケーション方法は、
「正反対のこともある」ということが
いろいろな研究からわかってきています。
切ないことですが…ちぐはぐなことはある、のですね〜

恋愛中は「正反対」なことが、可愛く、
愛おしく感じられたりしたことも、残念ながら、
長くいっしょにいるようになると、その違いが苦痛となり、
埋めようがないほど絶望的な違いに思えてくることもあります。

たとえば、妻(彼女)の方が、よかれと思ってやったことが、
夫(彼)の方からみると
「余計なことをして。それでやってやったとはなんだ」
と怒りになったり、
逆に、夫(彼)が、妻を喜ばせようとして食材を買ってきて、
妻(彼女)から、
「作るのは私。今日はそんな時間がないのに、余計なことして」
と、いや〜な顔をされることもあります。

ですから、「愛がない」「うるさい」「こうだから、こうなんだ」
と、一方的な見方をすると、間違いをおかすことにもなります。
ちぐはぐな態度の中に、実は、互いの愛や思いやりが含まれている、
かもしれないと思ってみること、大事なようです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから