width=10
ことば探し
★私は、どこでも、誰とでも、うまく会話をすることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03227345

■2018年08月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人間は、そんなに強くはない。
だから、ときには弱気にもなるし、心が折れそうにもなる。
しかし、
「私にはこれ以上無理」「オレにはそんなことはできない」
と開き直るのは、成長の芽を自分でへし折っているようなものだ。
限界ぎりぎりまで力を尽くしてそう言うなら、まだわかる。
しかし、全力を尽くさない人間に、
その限界点などわかるはずがない。
自己診断で自分の限界を決めて、
思いつく限りの「できない理由」をかき集める。(略)

限界は、簡単にわかるものではない。
まして、「自分はこれでいいんだ」などと開き直ってしまうのは、
将来起きるかもしれないあらゆる可能性を、
すべて消し去ってしまうことになる。



出典元 救う力
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 吉岡 秀人

まゆの感想
国際医療ボランティア「ジャパンハート」の
創設者 吉岡秀人さんは、こう言います。

「人事を尽くして天命を待つのが、前向きの開き直り」
「やるべきこともやらずに白旗を揚げるのが、後ろ向きの開き直り」

だと。
まだやってもいないのに、あるいは、まだ始めたばかりなのに、
「私にはこれ以上無理」「オレにはそんなことはできない」
と簡単に白旗をあげて、開き直ってしまう人がいます。

かと思うと、歯を食いしばり、まだまだとばかりに、
必死に無理に頑張っている人もいます。
周りが、もう限界を超えているのでは…と見えていても。
とかく、自分の限界はわかりにくいものですよね。

でも静かに自分の心に聞いてみれば(病気の場合を除いて)
逃げているだけなのか、本当に限界なのか、
自分で感じられるもの、わかるもの、と私には思えます。

「まだまだ本当には限界でない」とわかっているなら、
人生は1回だけですから、これからまた本気出して、
何かに挑んでいくのも悪くない、と思いますが、いかがでしょうか。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから