width=10
ことば探し
★パニックになっても、私は、自分を保つことができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03187036

■2018年07月23日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ある商人が年老いた醜い高利貸しからお金を借りました。
しかし、返すことができません。
商人はあるとき、高利貸しのもとに娘を伴って訪れ、
返済の猶予をお願いしました。
すると、高利貸しはこの親子に「最後のチャンスだ」と、
ある申し出をしてきました。

「この袋の中に黒い石と白い石を1つずつ入れる。
 それをお前の娘に1つ引かせてあげよう。
 白い石が出たら借金は帳消しにしてやる。
 黒い石が出たら、借金を返すか、それができないなら、
 娘を差し出せ」

ところが、
この高利貸しが袋に入れたのは2つとも黒い石でした。
どちらの石を引こうとも、娘はこの高利貸しに
嫁がなければなりません。
絶体絶命のピンチです。
娘はいったいどうしたらよいのでしょうか?



出典元 本質をつかむ思考法
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 伊藤 真

まゆの感想
なんてあくどい高利貸しなんだ、ぷんぷんとしつつ、
さて、みなさんなら、この絶体絶命のピンチをどう切り抜けますか?

これは、40年以上前に出版された
「水平思考の世界-電算機時代の創造的思考法」(講談社文庫・絶版)
イギリスの心理学者・エドワード・デボノ博士によって
書かれた本の冒頭に出てくるエピソードだそうです。

この本によると、なんでも、
視点を変えるとか、アイデアを広げたりすると、
「なるほど、そういう解決策があったのか」
というようなよき解決策が導かれるそうです。
私はいい解決策が見つからず、で、私なら、完全に、
あくどい高利貸しに嫁ぐことになったでしょうね〜(苦笑)

みなさんは、どうでしたか?
何かいい解決策見つかりましたか?
この本による解決策は、こうでした。

「娘は袋から引いたまさにそのときに、
 わざと石を落とすのです。
 そしてこう言います。

 「あっ、石がどこかへいってしまったわ。
  でも、袋の中にはもうひとつ、石が残っていましたよね。
  それを確認すれば、私が引いた石の色がわかりますね」

 もちろん、袋の中に入っているのは黒い石です。
 なにせ2つとも黒い石だったのですから当然です。
 そこで、娘が引いたのは白い石ということになり、
 商人は借金帳消し。
 娘は高利貸しに嫁がずすんだのです」

ということでした(笑)
めでたしめでたし…ですね、なんてことより、
すばらしい解決策で、こんなふうに機転をきかせられたら
いいですね〜こんな解決策をだすにも、
視点を変えるとか、アイデアを広げたりするといいそうですよ。
なかなかむずかしそうですけど…

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから