width=10
ことば探し
★体重が○○キロになるまで、諦めず楽しく挑戦します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03190995

■2018年04月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

過度に悲観すれば、短期的な視点でしか物事を
考えられなくなります。
「負けている」と思って動揺すると、
何とかして負けを取り返そうとする。
その焦りが、さらに状況を悪くするのです。


株取引や不動産の売買などを
例に考えるとわかりやすいと思います。
自分の株や土地が暴落すると、余裕のない人ほど慌て、
もっと下がるのではと不安になります。
そして焦って、早く売ってしまおうとする。

当然ですが株や不動産は、高い時に売り、安い時に買うべきです。
安い時に売ってはいけないという当たり前の判断が、
できなくなってしまうのです。

これは転職についても同じことが言えます。
会社の業績が悪化した時や業界が厳しくなった時、
慌てて転職する人がいます。
これも不動産を安売りしているのと同じで、
状況が悪い時にキャリアは高く売れません。

平常心を保つとは、ピンチが訪れた時、
長い目で物事をとらえること。
その時の状況に惑わされて行動すれば、
損をするのは自分です。



出典元 絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ
おすすめ度 ★★★☆☆ ※おすすめ度について
著者名 見城 徹 (著), 藤田 晋 (著)

まゆの感想
さらにこんなふうにも言っています。

「負ける」と「負けている」は、全く別物で、
「誰の目にも、勝敗が明らかな時がある。
 しかし、本当はまだ、勝敗は決まっていない。
 結果が出た瞬間だけが「負けた」ということだ。
 九割九分負けていても、それはまだ途中経過なのだ。
 そこから「勝ち」に逆転できることもある」

そして、仕事でも人生でも、敗色濃厚な時があるが、
長い目で見ると、すべてはプロセスだから、
本当の勝ち負けなどは、最後までわからないと。
しかも、勝ち負けなんてつかないかもしれないと。

自分の形勢が少し悪くなり、負けている、と思ったり、
不安定になったりすると、なんとかしようとジタバタして、
冷静さを失い、普段の自分ならしないようなことをしてしまう、
そして逆に、墓穴を掘った、悪くなった、
なんてこと、ありませんか?
私は、いっぱいあります(汗)
なかなか学べないんですよねぇ…(泣)

平常心を保つこと、課題だなぁ。
そして「負ける」と「負けている」、という言葉の意味を、
もう少し考えてみたいと思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから