width=10
ことば探し
★おめでとう!夢が実現しました!★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03351752

■2018年04月06日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ずっと貧乏な人は、自分の「職業」を伝える。
稼ぎ続ける人は、「誰の何の役に立つ仕事か」を伝える。
初対面のときは、「職業」をそのまま言うのではなく、
「自分は誰の何の役立つ仕事をしているか」を
説明することがポイントです。


私の仕事の一つは出版プロデューサーなので、
「士業やコンサルタント、起業家の方を対象に、本の出版を
 実現するサポートをしています」
といった自己紹介をします。
こう話しておけば、出版に興味がある人は、
「この人とつながっておいて損はない」
と思ってもらえるでしょう。

税理士であれば、「税理士をやってます」と言うよりも、
「従業員0で一人社長の確定申告のお手伝いしています」
と言う。
その対象に当てはまる社長であれば、
「ちょっと話を聞いてみようかな」
「この人に相談してみたい」
と仕事につながる可能性があります。
しかし、「税理士をやっています」
と言っても、税理士はたくさんいますし、
「自分に関係ない世界の人だ」と思われてしまいます。


出典元 稼ぎ続ける人の話し方 ずっと貧乏な人の話し方
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 松尾 昭仁

まゆの感想
例えば、初対面の人に、
「初めまして、○○です。保険会社で営業しています」
と紹介されたら、正直なところ少し身構えてしまうかもしれません。
でも、
「もしものとき、病気のときなどに、みなさまのお役に立てたり、
 将来の不安に対して、適切な対応策、お得な情報などを
 アドバイスする仕事をしています」
などと紹介されたら、ちょっと話を聞いてみたいと
思うのはないでしょうか。

ちなみに、松尾さんなら、
「はじめまして、松尾昭仁と申します。
 私はおもに30代で独立企業されている方を対象に
 お得な節税プランをアドバイスする仕事をしています」
と言うそうです。

自分の職業の伝え方、自己紹介の仕方、
しっかりと考えて、工夫するといいようですね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから