width=10
ことば探し
★内からエネルギーが、どんどんわいてくる行動を常にしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03190881

■2018年01月30日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「7回読み」は、飛び抜けて要領がいいわけでも、
頭の回転が速いわけでもない私が、東大で首席を取ることが
できたのは、この方法に助けられたのではないかと思います。
この方法の特徴は3つあります。

1.「読むこと」の負荷が小さいこと
  7回読みは、1回1回が流し読みです。
  しっかり読んで理解しなくては、と思いながら
  本に向かう集中力とは無縁です。

2.情報をインプットするスピードが速いこと
  同じ文章を「読む、書く、話す、聞く」で速度を比べたら、
  言うまでもなく、もっとも速いのは読むことでしょう。
  まとめノートを書いたり、講義を聞いたりするよりも
  短時間で大量の情報をインプットできます。

3.いつでもどこでもできること
  本が一冊あれば、時と場所を選ばずに勉強できます。
  多忙なビジネスマンが通勤時間やスキマ時間に行えるので、
  時間が無駄になりません。
  短期集中型の勉強にも適しているといえます。


なお、「7回」という数にこだわる必要はありません。
7回でわからない難しい内容は、さらに何回か読み足すのが、
私の方法です。


出典元 東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 山口真由

まゆの感想
山口さんは、中学生のときは毎日4時間、
高校の時は5時間、大学受験のときは10時間、
司法試験を受けるときは14時間を、日々勉強してきたそうです。
切迫したときは、なんと19時間30分も。
もっともこれは、2週間で幻聴を聞くようになってやめ、
睡眠時間は6時間間取るようにしたそうです。

すごいですね〜
元々優秀な方でも、日々このくらい時間をかけないと、
勉強では一番にはなれないし、何かを成し遂げるには、
このくらい時間をかけることが必要なのだと思いました。
自分の学生時代を振り返ると、なんと勉強時間が少なかったことか、
なんか違うことばっかりに時間をかけていたなぁ〜
と思い出しました(苦笑)

ちなみに、山口さんが、勉強し続けてこれたのは、
「周囲が自分より断然優れている」と思い、
自分だけが取り残されることに焦りを覚えたからで、
その切迫感を取り払うため、だったとか。

私も、覚えるときには4回読みまではしていましたが、
7回読みにもチャレンジしてみようと思いました。
どう違うか、やってみます(笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから