width=10
ことば探し
★食事に気を使い、適度な運動をし、快適な毎日を送っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02828694

■2017年10月31日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

主張が通らずに人間関係を小さくしたり、
ビジネスで失敗をしたりしている人たちを見ると、
決まって言語調整動作が下手な人であることがわかります。

人にあいづちを打たず、
人の言い分に「なるほどね」と関心も示さず、
聞くなり「それはおかしい」「それは間違っている」
「あれはくだらない」「君の言うことよりこちらが大切だ」
という自分の自己主張のほうが先に出る人は、
まず間違いなく嫌われます。



出典元 「言いたいこと」が言えない人たちへ
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 佐藤 綾子

まゆの感想
言語調整動作とは、
相手の発言を促進したり、止めたりする作用のことで、
これが上手な人は、あいづちやうなずきをし相手の発言を促し、
相手の共感を呼びながら、いい関係づくりが出来ていくそうです。

ところがこれが下手だと、
片っぱしから途中で話しを遮り、
「お前の言うことは一切わからないし聞く気もない。
 しかし僕に力を貸せ」
という感じになり、仕事はもとより、
人間関係も、決していい方には進まないとか。

また両方が、自分の主張ばかりを通そうとしたら、
力と意地の張り合いになり、何ひとつ合意点も見つからず、
まとまるものもまとまらなくなります。
最悪の場合は、相手に対して嫌悪を感じるようになり、
こうなると、通るはずのものも通らなくなりますよね。

自分の主張をするのは、
相手の話をきちんと聞いてからでもよく、
いえ、むしろその方がこちらの主張を聞いてもらえる
確率がぐんと高くなるそうです。
相手がキチンと聞いてくれたのだから、
こちらも聞かなければ、ということにもなって。

どうも、仕事も人間関係もうまくいかない、というときは、
自分の「言語調整動作」はどうか、見直してみる必要がありそうです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 1pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから