width=10
ことば探し
★私は、経済的に自立しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02781367

■2017年08月21日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

この世の中には、本当はどうでもいいはずのことが、
満ちあふれています。
言い争いになったときに、ついつい言い張ってこだわった
自分の意見、後で振り返ると、あんなつまらないことで、
人間関係を壊してしまったと、後悔することかもしれません。

「私のポリシーだから」と
生活の型に意固地にこだわってみたり、
何らかの食事法にこだわってみたり、
服装のスタイルにこだわってみたり。

そのどれをとってみても、「これじゃなきゃだめ」と
今は思っているだけで、やがて好みや考え方が変わったあとに
なってみれば、
「なんであんなのが好きだったんだろう?」
と疑問に思う程度のものに、過ぎません。

その程度の、しょせんはやがて変化していくものに
執着することによって、何が起こるのか…
自らのこだわりに合う人や物に触れると「快」を感じ、
こだわりに合わない人や物に触れると「不快」を
感じるように、この心が歪んでゆくのです。



出典元 こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 小池 龍之介

まゆの感想
小池さんは、

「仏教的見地からみると、こだわりとは「快」を求めすぎて、
 「快」を感じる回路を限定してしまうため、それ以外のものを
 「不快」として受け止めるようになり、むしろ
 「不快」の源泉になるのです。

 そして…、私たち人間がもっともこだわり、
 そこから「快」を引き出したがるのが、
 「理想的な、良い感じの自分でいたい」という、
 自我に関わるこだわり。
 そして、理想どおりの自分でいられないことが起きるたびに、
 「不快」を感じて苦しんでいるのです」

そんな袋小路から抜け出して、こだわりのない
柔らかな心を持つほうが、軽やかに生きていけると説いています。


自分のこだわり、ってありますよね〜
大したことのないこだわり〜このこだわりがなければ、
自分ではないような強いこだわりまで、いろいろなレベルの
こだわりを持って、自分を生きているように思います。

でも、その自分のこだわりを持っているがゆえに、
自分を縛ったり、自分を追いつめたり、人間関係にヒビが
入ったりして、生きづらくしてしまっていることも
多々あるように思います。
もちろん、その逆に、このこだわりがあるから、
何かを成し遂げられる行動力になることもあると思います。
だから大切なこだわりもあるかもしれません。

ただ、この頃思います。
あまりに疲れてしまうこだわり、
もうすっかり色あせてしまったこだわり、
全然楽しくないこだわり、
つまらないこだわり、
人間関係を壊してしまうこだわり、
などは、捨てていこう、と。
年を重ねていくときには、できるだけ軽やかがいいな、
重いのはイヤだな、と思うので(笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから