width=10
ことば探し
★私は、他人の目や評価を気にしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02784385

■2017年07月31日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ある時、ひとり暮らしのお母さんが
「忙しい、忙しい」と言いだして、
娘さんは、いぶかった、なんでそんなに忙しいの?
ひとりで呑気に暮らしているはずなのに…すると、
お母さんは「あんたのために、あんたのために忙しいのよ」と。
えっ?私のため?
この受講者さんは、さらに解せない。
離れて暮らしているから、離れて暮らしているからこそ、
母親の手を煩わせるようなことは、何もしていないのだから。

数年を経て、お母さんが病気で入院することに。
そしてこの時、母親が忙しいと言っていた理由がわかる。

お母さんは、自分ひとりで、家を徹底的に片付けていたのだ。
あんなにあったモノは見事に処分され、
蔵にあった不要物もきれいさっぱり。
日用品も最小限、電気製品はテレビのみ、
たんさくあった衣類も着物箪笥ひとつにまとめられていた。

お母さんは、退院することなく亡くなられた、
お葬式がすみ、遺品の整理をする段になって、
「あんたのため」という意味もわかった。
お母さんは、娘が、思いのいっぱい詰まったモノで
苦しむことのないように、もの主のいなくなったモノに
縛られることのないように、元気だったあの時に、
できるかぎりのことを自分にしてくれていたんだと。



出典元 ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 やましたひでこ

まゆの感想
逆に、こんな方もいるそうです。

「父親が臨終を迎えた。
 でも、泣いているどころではない。
 頭をよぎったのは実家の惨憺たるありさま、
 おびただしいモノの山また山。
 親戚が、弔問客が集まる前に、なんとかしなくては!
 姉夫婦と自分の夫、4人が必死になって、
 階下のモノを2階に押あげ、
 二間続きの和室の畳が見えるようにした。
 それはお通夜の間も続き、父の亡骸に寄り添うひまもない。
 もうそれでクタクタのヘロヘロ。
 お葬式では、4人とも朦朧としていたとか…」

そしてやましたさんは、

「人生も、親も、そして自分も、いろいろです。
 まだまだ、このまんまでは、死ねませんわ」

と言っていました。
私も、同感です。

今どきは、「終活」をいろいろなところで耳にしますが、
「終活」もできるところからしていかないとなぁ…
などと思っているしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから