width=10
ことば探し
★子どもは、元気に育っている、大丈夫、大丈夫★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02777569

■2017年04月26日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

高校生を相手に自分の研究や考え方についてお話すると、
質疑応答の時間にこんな質問がとんでくることがあります。

「おもしろいロボットやマイクロマシンを
 たくさん開発していてすごいですね。
 先生みたいな人でも、失敗することってあるんですか?」

わたしの答えはこうです。
「いやいや、研究なんて99%は失敗なんだよ。
 今日は失敗しなかった部分だけを話したから
 全部成功しているように見えるだけで、
 ほんとうは毎日が失敗の繰り返し。

 でもね、これを失敗という言葉で考えちゃいけないの。
 トライ・アンド・エラーといってね、まずはトライする。
 そうするとエラーが出てくる。
 これをひとつずつ潰していくのが研究だし、
 人生もそうじゃないかな。
 やる前から正解が見えてたらおもしろくないでしょ?」



出典元 世界初をつくり続ける東大教授の 「自分の壁」を越える授業
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 生田 幸士

まゆの感想
生田先生は、こんなことも言っておられます。

「いまの日本には「バカ」が不足しているし、
 おそらくみなさんにも「バカ」の成分が足りていないはずです。
 ぜひとも「バカ」になって、自分だけの
 グランド・チャレンジに踏み出してください」

生田先生が、すすめている「バカ」とは、

「学力の問題ではなく、どれだけバカバカしいことを考え、
 それを実行に移すことができるか。
 つまり周囲の批判や嘲笑を気にすることなく、
 全く新しい発想を提言することができるか。

 しかも口先だけで大きなことを語るのではなく、
 その実現のために自らの足で踏み出すことができるか。
 そうした人のことを、最大級の敬意をこめて「バカ」と
 呼びたいと思う。
 バカを貫くことは、世間の常識を疑い、常識と戦うことです。
 そして世間の常識を徹底的に疑い、そこから
 「新しい常識のあり方」まで考えられる人のことを、
 人は天才と呼ぶのです」

なるほどそうか、こう考えていけばいいのか、
こんな方法があるのか…ととても発見がある楽しい本でした。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから