width=10
ことば探し
★私の毎日は、わくわくがいっぱいです。★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02777569

■2016年07月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

愛着のあるものを捨てるのは、ときには痛みを伴います。
研究グループ(※)の論文によると自分の持ち物を手放したとき、
「痛み」に関連する脳の2つの領域、「前帯状皮質」と
「島皮質」が反応することが確認されています。
ものを捨てるには、多少なりとも痛みを伴うのです。


しかし、最初は躊躇、逡巡してなかなか捨てられないものでも、
思い切ってゴミ袋に絞り込むと、その先はさほど迷わなくなり、
ものをポンポン捨てる決断が早くなっていきます。
「ものへの執着、こだわり」よりも、
「捨てる快楽」のほうが、強くなってくるのです。(略)

何かを決めるには、捨てる、切り離すといった痛みを
避けて通ることはできないようです。

※アメリカイェール大学らのグループ 強迫性障害の亜型である
 「ため込み症候群」の脳画像研究)


出典元 突き抜けた結果を出す人はなぜ「まわり」に振り回されないのか?
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 西多 昌規

まゆの感想
ものを捨てたり、愛着ある人、場所から離れる、切り離される、
というときには、脳の痛みに関連するところが反応するようです。
だから、なかなかそういうことはできないのですね〜
例えば、部屋がごちゃごちゃとわかっていても、
この人と一緒にいてもいいことはない、
こんなところにいてはいけないとわかっていても…ね。

でも人は、この「痛み」を乗り越えれば、その勇気があれば、
ものを捨てたり、整理していくこと、執着や愛着あることから
決別してくこともできるそうです。
すると、脳もスッキリするし、部屋もそうだし、
悪縁も断ち切ることができ、すっきりするかも。

また、このような決別や別離作業は、
新しい出会いの始まりともなりますし、
新たなエネルギーをもたらすことにもなることが多いようです。

この決別や別離作業をするときには、
「自分や周りが、心地よく生きていくためどうしたらいいか」
ということ考えてみるといいようです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから