width=10
ことば探し
★私は、ストレスに上手に対処していて、いつも元気です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02949369

■2014年10月10日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
なじる人は、傷ついている。
こう思えるかどうかで、人生は大きく違ってくる。
喧嘩のシーンが180度違って見えてくるのである。

なじる人は、傷ついている。
たとえその理由が勘違いであっても、理不尽な押し付けであっても、
そのことを正す前に、まずはその傷を癒さなければ…
言い訳も説得も、その後なのである。

出典元 夫婦脳
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 黒川 伊保子

まゆの感想
振り返ってみると、私も誰かをなじるときは、
何かで傷ついているときなような気がします。

この本に、こんな事例がのっています。
「妻になじられたときは、「俺だって」という前に、
 「君にばかり家の負担を行っていたんだね、ごめんね」
 「君が疲れていることに気づかなかった、悪かったね」
 などと、相手を気づかうことばを先にいってみてほしい。
 その後に、
 「実は最近プロジェクトか佳境でさぁ。
  気が抜けないんだよ」と言えば心に届くものを、
 「俺だって忙しいんだ」
 と防御から入るから、妻の心はしこるのだ。

 「仕事と家族、どっちが大事なの」と迫られたら、
 「子どもたちに寂しい思いをさせていたんだね、申し訳ない」
 とあやまる。
 待ち合わせに遅刻したら、
 「こんなところに君を30分も立たせていたのか、
  心細い思いをさせてごめん」とあやまる。
 多忙の理由も、遅刻の理由も、相手を気づかうことばの後に
 言うべきだ。
 それがどんなに正当なものであっても」

「なじる人は、傷ついている」ということを忘れず、
(意識的に、作戦的になじる人は別にして)
なじられたらまずは、相手のことを気づかうことにします。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 8pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから