width=10
ことば探し
★適度な運動を継続して、今のプロポーションを維持しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03366774

■2011年05月26日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
私たちは、誰かに怒っている時に、怒っていることが原因で、
自己嫌悪になってしまうことがあります。
あなたが、会社の部長に怒っていたとします。
「ちょっとのことで、部長はすぐ怒る。ホント小っちゃい男!」
と部長の“すぐ怒る”という要素を嫌ったとします。

そして、あなたが後輩を持ったとします。
とてもドジな後輩を持ち、あなたの足をひっぱるんです。
「先輩、またミスちゃいました」
あなたは後輩に怒ってしまいました。
そんな時に自己嫌悪をしてしまいます。

ちょっとしたことで怒る部長のことを、小っちゃい男と
嫌っているにもかかわらず、部長と同じように、
ちょっとしたことで後輩を怒ってしまった自分を
嫌ってしまうわけです。
「こんなことで怒る私って、小っちゃいなー」と。

「人を呪わば穴二つ」といいますが、嫌った相手だけではなく、
嫌った相手を同じ要素を持つ自分を嫌ってしまうわけですね。
私たちは、自分を嫌ったり、責めないようになるために、
そして自分をもっと好きになるために、
誰かを許す必要があるわけです。


出典元 人生のぐるぐるからポン!と抜け出す本
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 原 裕輝

まゆの感想
この本では、さらにこう言っています。

「絶対に人を許さねばならない、ということではありません。
 でも、人を許すことで自分をもっと好きになれたり、
 嫌な気持ちから抜け出せたり、許すことが、
 自分のためになりそうであれば、ぜひとも許し上手になることに
 チャレンジしていただきたいと思います。
 許すと心が緩みます。
 緩んだ心はやわらかくなり、心にゆとりができます」


何かあるとすぐ怒るような小っちゃい自分より、
多少のことには目をつぶれ、大らかでいられる自分の方が、
やっぱりいいし、自分を好きでいられるように思う。

人を許したり、人のことを大目にみることが、実は、
自分のことを許したり、自分を大目にみたりすることに
つながっていき、さらには、自分を好きになることにも、
つながっていくのかもしれませんね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 9pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから