width=10
ことば探し
★私は、自分にさらにみがきをかけます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03500873

■「今日のことば」2019年2月の人気ベスト5■

悩んでいるとき、相手の行動まで
コントロールしようとしていることが少なくない。
子育てで子どもが問題な行動を取るとき、
自分の責任のように考えて自分を責める親がいる。
介護で相手が思うように応じてくれないときも同じだ。

いくら自分を責めたところで、
子どもも介護対象者も自分の意思を持った一人の人間だ。
期待するように動くとは限らない。
自分の責任を感じすぎてしまうとつらくなる。

そうした問題に
適切に対処できるようになるためには、
自分にできる範囲を冷静に判断し、
必要に応じて人の手助けを求めるような
こころの柔軟性をもつことが大切になる。



出典元 気持ちが晴れればうまくいく
著者名 大野 裕


水野正人さん(ミズノの会長を務めた方)が言うには、
チームワークで大切なのは
「バックアップすること」なのだそうです。
誰かがミスをしても、誰かが必ずバックアップすることが
チームワークだというのです。


何かがあってもバックアップするという雰囲気づくり、
助け合ってバックアップし合う関係性は、
人間にとっても快適です。
チームが家族のような関係になります。
そうすると、ストレスがかからなくなります。

いまいる職場にバックアップ体制がない場合、
まず自分から何かあったらバックアップしよう、
という気持ちで職場の人たちと接していくこと。
あなたの姿勢と態度から、人間関係は変わっていきます。


出典元 自分合格力 人生が軽やかになる60点主義のすすめ
著者名 齋藤孝


100点満点と思う相手と結婚したとしても、
人間は価値観が多少は必ず違いますから、
すり合わせが必要なところが出てきます。

100点の相手と結婚すると
そこから減点になっていくケースが多いのに対して、
60点の相手では、結婚生活をしていくうえで
加点していくケースが多い。
幸福感が増していくと言えます。
これは、結婚生活に限った話ではありません。



出典元 自分合格力 人生が軽やかになる60点主義のすすめ
著者名 齋藤孝


感情に訴える主張ほど、
冷静にその内容を考えてみた方がよいのです。

少年サンデーの初代編集長など小学館で40年間、
編集の仕事をした豊田きいちさんは、
「昔から、新聞、テレビ、雑誌などのメディアには
 『売るための3つの定義』がある」と指摘されています。

その3つとは、「生命の危機」
「経済(金銭)の危機」「貞操の危機(男女ともに)」
なのだそうです。(『編集』豊田きいち著)


いっとき新型インフルエンザのパンデミックなどが
報道されたことがありました。
イギリスのEU離脱のニュースなど、
経済危機を強調する大きな報道がありました。

こうした瞬間、わたしたちは今日まであった世界とは違う
恐怖の世界が始まるのではないかと、急に不安になり、
テレビのニュースなどに釘づけになりがちですよね。

しかし報道をしている側には、こうした
ノウハウがあることも頭に入れておくことが必要です。


出典元 熟考する力~流されない自分をつくる本物の思考術
著者名 木山 泰嗣


伝え方に困ったときの「構造フレーズ」

「この企画のいちばんの強みをひとことで言うと…」
「理由は3つあります。まずひとつ目は…」
「実現は3つのステップで進めます。第1ステップは…」


特に使い勝手がよいのが、
「ひとことで言うと…」と、「3つのポイント」です。
「ひとことで言うと…」と言われれば、聞き手は、
「これからひとことで言ってくれるのだな」と
あらかじめわかる。

「理由は3つあります」と言われれば、
「これから3つの理由を説明するのだな」と
聞く準備ができる。

このように、話の行方が少しでもわかると、聞き手は、
安心して耳を傾けることができるのです。


出典元 トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術
著者名 浅田すぐる