width=10
ことば探し
★私は世の中が不公平だと知っていますが、それを受け入れ、楽しみます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02743016

■「今日のことば」2017年8月の人気ベスト5■

優しくありなさい。
あなたの
出会う人々は皆、
困難な闘いに
挑んでいるのだから。

(プラトン/哲学者)

誰かから受けたストレスを別の人にぶつけても、
自分のストレスをなくすことなどできない。
それなのに、そうせざるを得ないほど、
人は心の余裕を失い、不安に満ちている。
ストレスのバトンを渡す代わりに、
優しさをリレーしよう。
あなたがその気になれば、
いつだってあなたは最初のひとりになれる。


出典元 優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
著者名 野崎 稚恵・大橋 一陽


他人に迷惑をかけまいとしている人は、
たしかに立派な人である。
非難する余地はない。
けれども、その人は、他人から受ける迷惑を
なかなか許せないのではなかろうか。
自分は一生懸命、迷惑をかけないようにしているのに、
おまえはけしからん…といった気になる。
他人に迷惑をかけまい、かけまいと努力していると、
ついつい他人から迷惑をかけられたくないといった気持ちになる。
それが困った点である。

仏教が言っているのは、
人間は迷惑をかけずには生きられない存在である、
ということだ。

一人が大学に合格すれば、確実に一人はその大学に入れない。
誰かが部長になると、他人はなれない。
満員電車に一人が乗れば、その人は他の乗客を窮屈にさせている。
われわれは存在しているだけで、
他人に迷惑をかけているのだ。

だから、わたしたちは、
他人から受ける迷惑を耐え忍べ、
と仏教は教えているのである。
−耐辱(にんにく)−と呼ぶ。
仏教は、「他人に迷惑をかけるな」ではなく、
「他人からの迷惑を耐え忍べ」と教えている。



出典元 がんばらない、がんばらない
著者名 ひろ さちや


「笑われるのは恥辱」という考えが支配する社会では、
子どもの頃から「笑われる人間になるな」と教育される。
これまでの日本では、
「笑われるな」と追い立て追い立てられして、
人々は頑張り、頑張らされたのである。
「笑われること」への免疫はつかなかった。

笑われることを恥と考える考え方は
変えていかなければならないと思う。
笑われてすぐに腹を立てることもやめた方がよい。
笑われたらいったんその笑いを受けとめる必要がある。

なるほどと思えばいっしょに笑えばよいし、
言い回しが面白ければ「上手いことを言う」と
感心してもよい。
反撃できる言葉が用意できれば、反撃してもよい。
笑い笑われ、ともに笑い合えれば一番よい。



出典元 笑い学のすすめ
著者名 笑い学のすすめ


毎日使うモノこそ、道具として高い価値があるのです。
ですから、使用頻度の高いモノを購入するときは、
使い勝手や質、デザインなどに徹底的にこだわること。

毎日使うモノに愛着がわけば、
生活が楽しく、豊かになります。
多少値段がはってもいいのです。

めったに使わないモノにお金をかけるよりも、
よほど正しいお金の使い方だと思いませんか?


私なら、毎日使う筆記用具は、
書き心地のよい万年筆を選ぶでしょう。
毎日使うマグカップはお気に入りのブランドの好きな
デザインのものを購入して、大切に使います。
そのかわり、めったに使わない不必要なモノなど、
いっさいほしくありません。


出典元 モノのために家賃を払うな!~
著者名 あらかわ菜美


「先生、どうも長い間お世話になりました。
 私は、もう死んでいくような気がします。
 母には会えないと思います」
彼女はしばらく目をつむっていましたが、やがて再び目を開け
「先生、母には心配をかけ続けで、申し訳なく思っています。
 先生からよろく伝えてください」
と言って、私に向かって合掌しました。
脈がふれなくなりました。
臨終のときが迫ったのです。

私は彼女の耳元に口を寄せて大きな声で言いました。
「しっかりしなさい。死ぬなんてことはない。
 もうすぐお母さんがみえるから」
彼女は茶褐色の胆汁を吐き2,3回大きく息をして絶命しました。

私は、死亡診断書を書きながら、「医者の使命とは何か」
と繰り返し自問していました。
患者が死を感じて言葉を残そうとするときには、なぜ
「安心して成仏しなさい」と言えなかったのか。
「お母さんにはあなたの気持ちをちゃんと伝えてあげますよ」
となぜ言えなかったのか。
あたふたと最後の効力のない治療を施そうとするより、
なぜもっと彼女の手を握っていてあげなかったのか…

そのときの疑問が、半世紀を経て独立型のホスピスや
聖路加病院に緩和ケア病棟を作ることに結びついたのです。



出典元 長生きすりゃいいってもんじゃない
著者名 日野原 重明 (著), 多湖 輝 (著)