width=10
ことば探し
★私の進むべき道は、光り輝いています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03701718

■「今日のことば」2019年6月の人気ベスト5■

若さに蔭りが出てきたら目標の切り替えが大切。

年齢を重ねて同じ状態を保つことはできませんので、
目標を切り替えます。
コンテストに出て優勝することはできないけれども、
同窓会では「きれいだね」と言われるようにしたいと
いった目標に切り替えれば、達成できないこともありません。

まったく目標がなくなってしまうと
努力するという気も起こりませんので、
現実において達成できる目標に切り替えていきます。 
目指していた高い目標に到達できそうにないときに、
セカンドベストを見つけて、それを目標に
していくという考え方です。


若いときには一度も壁にぶつからずに、
すべての目標をクリアしてきたという人でも、
中高年以降になると、必ず「老化」という壁にぶつかります。
そのときに有益な方略が、目標の絞り込み、
目標の切り替えです。

若い頃のようにすべてのことができるわけではないので、
目標を選択し、目標を切り替えて、別の何かによって
補いながら、最大限に達成する合理的な方法を
工夫していこうとするのです。


出典元 話が長くなるお年寄りには理由がある
著者名 増井 幸恵


とりあえず「やりますよ」と言ってから
やり方を考えるタイプの人たちがいます。
あれは意外といい方法です。
とりあえずやってみる…すると、
自分の脳のスイッチがうまくはいる。


アイデアが出なくてなどと言う人にかぎって、
行動をしていない人が多い。
最後まで考え抜いてから行動するのではなく、
行動しながら考えてもいいわけですし、生物学的に
ヒトは動いているときのほうが脳は働くのです。

脳の中で考えたことによって体が動いているのではなくて、
体を動かすことで脳が起動して、それからまた体が動くって
いうのが実際のところだと思います。
物理的に体を動かすだけでも、かなり脳に刺激がありますよ。


出典元 冬を越せるキリギリス
著者名 樹林 伸 (著), メンタリスト DaiGo (著)


じっくりと話を聴いてくれる相手を前にして、自分の
経験や思いを振り返りつつ言葉にしていくプロセスを通じて、
自分の見方が歪んでいることに気づくことがある。
人から歪みを指摘されると、自分を正当化したい思いに駆られ、
かえって気づきが得られにくくなる。
(略)

「そんなの考えすぎだ」
「ずいぶん歪んだ見方をするなあ」
「愚痴ってばかりいないで、やることやってくれよ」
と思う場合でも、相手を無理やり変えようとして意見しても
逆効果に終わることが多い。

むしろ、聴く耳をもってじっくり耳を傾け、
思うことを十分吐き出させることで、相手は自ら変わっていく。
そう信じて、相手の気持ちに寄り添って聴く姿勢をもちたい。


出典元 「聴いてるつもり」症候群
著者名 榎本 博明


ひそかに期待を抱き、そのとおりにならなくて、
ショックを受けるのはやめて、期待するのをやめよう。
ほしいものがあるなら、期待するのではなくて
手に入れにいこう。
(略)

勝利や敗北を期待しちゃいけない。
勝利のための計画を立て、敗北から学ぼう。
愛されたり、尊敬されたりすることを、
期待するのは無駄だからやめよう。

自然に愛し、自然に愛されよう。
期待の重荷やメロドラマから自由になり、
あるがままを受け入れよう。
自分が期待する人生じゃなくて、今の人生を愛そう。


出典元 あなたはあなたが使っている言葉でできている
著者名 ゲイリー・ジョン・ビショップ (著)


私たちはスーパーマンでもAIロボットでもありません。
無理をすれば、脳の神経回路が麻痺し、
自律神経はちぐはぐな働きを始めます。
脳も自律神経もリモコン操作で
コントロールできるわけがありません。


最初は「できる」と思って始めたことでも、
やり続けるうちに、困難だ、大変だと感じたら、
勇気を持って頑張ることをやめる選択をする必要があるのです。
「頑張ればできる」なんていうのは、
ちょっとした迷信くらいに思っていてください。


出典元 本当に怖いキラーストレス
著者名 茅野 分