width=10
ことば探し
★私は、自分の地位に恥じることない行動をしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02830151

■「今日のことば」2017年10月の人気ベスト5■

泣ける一作で「週末号泣」を!

普段から定期的に感動の涙を流すことをすすめています。
なぜなら、感動の涙を流すことは、ストレスを消すと同時に、
共感脳の機能を高めることにもつながるからです。

共感脳は、普段はあまり興奮しないクールな脳です。
そんなクールな脳が号泣する直前には、
驚くほどの興奮を見せます。(略)

号泣は一瞬にして劇的なほどの潤いを
前頭前野に与えてくれるのです。
毎日する必要はありません。
週に一回号泣できれば共感脳は十分潤います。



出典元 脳からストレスを消す技術
著者名 有田 秀穂


何気なく頼まれている仕事を
ただ言われるままにこなすのではなくそのひとつひとつが
あなたの能力を高める「チャンス」だと思いましょう。

「結果」を積み重ねれば、それは「実績」や「評価」となって
さらに別の仕事、そして「こんなことも任せてみよう」と
新たなワンランク上の仕事のチャンスも舞い込みます。

サラリーマンならば誰しも思い当たるでしょうが、
社内でも「仕事がデキる人」というのは、
次から次へと仕事が集まってこないでしょうか。
特に外資系企業など極端な実力主義の職場では、
忙しい人はとことん忙しく、ヒマな人にはまったく仕事が
こなくなりやがてリストラへ…ということも珍しくありません。

このような現象からもわかるように、会社とはすべて
「頼まれごと=試されごと」でまわっているのです。
頼まれごとというのは、試されごとだと思いましょう。



出典元 女性の部下を百パーセント活かす7つのルール
著者名 緒方 奈美


ポルトガルを訪れるたびに思ったものです。
のんびりワインなんか飲んじゃって、
なんだかみんな楽しそうだなぁって。

たいしたものを食べてるわけじゃない。
ワインだって安いのを飲んでいるのに(笑)
それでも、お金をもっている日本人よりずっと幸せに見える。

「今日より明日」と思うから、もっといい家、もっといい車、
もっと高い給料、と果てしない欲望にとらわれる。
その欲望を満たすために、仕事に時間とエネルギーを注いで、
家族との団らんや日常を楽しむ術を忘れてしまったのが、
今の日本人じゃないか。

「今日よりよい明日はない」のなら、今日が最高!
安ワイン一杯でも「幸せ」と笑って一日を終えられるんです。
そのほうがずっといい生き方だと思いますね。


(エッセイスト、画家 玉村豊男)


出典元 50代から、いい人生を生きる人
著者名 『PHP』編集部


「日本の組織で、意見を言わない社員が多い」のには、
はっきりとした理由があるということです。
それは、以下のような社員の「思い」です。

「引っ込み思案だから、自分から声を上げるのはイヤだな」
「あえて自分が意見を出さなくても、誰かが出すだろう」
「意見を言うことで仕事が増えそうだから、面倒だ」
「間違っていたら、かっこ悪い」
「自己アピールをしているみたいで、かっこ悪い」
「倏修△訛襪歪泙魃す瓩箸いΕ好織鵐垢諒がかっこいい」
「自分の意見など、必要とされていない」


これらの「思い」のほとんどは単なる「思い込み」です。
しかし、この思い込みがある上に、
「とくに尋ねられてはいない(意見を伝えるきっかけがない)
 から、なんとなく伝えない」となっているようです。
だから、
「それで○○さんは、どうしたい?」
と上手に水を向けるだけで、
自分の意見を明確に伝えてきたりするものです。

「どうしたいか」とストレートに問うことが、
「思い込み」を乗り越えて、自分の考えを出す
「きっかけ」になることがあるのです。


出典元 “惜しい部下"を動かす方法 ベスト30
著者名 大塚 寿


人が「何を持って生まれてきたのか」
も大切ではありますが、アドラー心理学では、それ以上に、
「持っているものをどう活かすのか」
ということに重点をおいています。
これを「使用の心理学」といいます。

一方の「何を持って生まれてきたか」は、
「所有の心理学」であり、この考え方は、自分自身の行動や
活動範囲におのずと制限をかけてしまいます。(略)

使用の心理学とは、
「短所と思っていた特徴を、
 どのように長所におきかえられるか」
ということです。
たいていの短所は、かならず長所におきかえられます。



出典元 アドラー心理学を深く知る29のキーワード
著者名 梶野真 (著), 岩井俊憲 (監修)