width=10
ことば探し
★私には、強い○○という信念があり、これを遂行しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02525151

■本の検索■


出典名: 妻には言えない
おすすめ度: ★★★☆☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 愛・夫婦・結婚
副題: なぜ夫たちは、だまってしまうのか。沈黙の裏で、どんな言葉をのみこんでいるのか? 
著者: 吉村 和久 
訳者:  
出版社: 主婦の友社 
 
本の内容: 30代〜50代の夫43人の、妻に「言えない」こと、
「言わないこと」を取材した、とても貴重な本です。

例えば、こんな事例が書いてあります。
●「パート妻」を抱える夫の憂鬱 45歳
「ほどほどにしてほしい。最近は布団が湿っぽいし、
 部屋も汚い」
●妻からの心離れ 49歳
「妻のイライラにつきあいながら人生を終えていく…
 それだけは、嫌だ」
●妻に言えない「隠しごと」40歳
「夫は出張だと、妻は信じ込んでいるけれど」
●男たちの「更年期」54歳
「めまい、のぼせ、動悸、手足のしびれの果てに」
●「セックスレス夫」の言い分 38歳
「3年間セックスレスが続いたあと、突然、
 妻が不満を爆発させた」
●妻を失うことを恐れるとき 53歳
「この年になって、女房が恋しくなるなんて」
●夫が「男」に戻るとき 48歳
「家庭ではダメ夫。会社ではヒーロー」
●親との同居、男の本音 44歳
「答えのない問題に、答えを求められる日々」


この本を読んで妻達の反応は、
「そんなに傷ついていたのか」「思っている以上に大変なのね」〜
「やっぱり男って身勝手」「考えすぎ」「情けない」「弱すぎる」
「やりきれない」
などなど、あるという。

私の感想は「こうして言えなくなるってことは、どこかに、
言えない雰囲気があって、それを二人で作り出しているんだろうな」
でした。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』