width=10
ことば探し
★私は、長い間持っていた「思いこみ」をすっかりと手放し、新しい考えを取り入れます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02532762

■本の検索■


出典名: 読書術
おすすめ度: ★★★☆☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 考え方・ノウハウもの
副題:  
著者: 加藤 周一 
訳者:  
出版社: 岩波書店 
 
本の内容: 都立中央図書館館長もし、作家でもある著者が書いた読書術の本。

著者は、この本の中で、
「自分のわからない本は、いっさい読まないこと。
 そうすれば、絶えず本を読みながら、
 どの本もよくわかることができます。
 無用の努力、無用の虚栄心、無用の劣等感、
 時間の無駄をはぶきましょう」
と明言しておられます。
そうです、わからない本は、無理して読まなくてもいいのです。
わかる本を、わかるように読めばいいのです。

その他、こんな読み方が書かれています。
●おそく読む「精読術」
●はやく読む「速読術」
●本を読まない「読書術」
●外国の本を読む「解読術」
●新聞・雑誌を読む「看破術」
●むずかしい本を読む「読破術」

「ああ、なるほど、こう読めばいいのか」と思うことが書かれています。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』