width=10
ことば探し
★私は、やりがいのある仕事をし、十分な報酬を得ています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02743824

■本の検索■


出典名: 一冊で哲学の名著を読む
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 詩集・哲学
副題: 『ソクラテスの弁明』から、サルトル『存在と無』まで17冊がよくわかる! 
著者: 荒木 清 
訳者:  
出版社: 中経出版 
 
本の内容: 哲学の本って、一冊読むのにとてつもなく時間がかかります。エネ
ルギーもいるし。
そんなときに、こんなふうに、エッセンスだけをまとめてくれる本
があると、全体像がわかってとてもありがたいです。このエッセン
スを読んでから、本編を読めば、言っていることもわかりやすいで
すしね。わかりやすく簡略化して書いてあるし、事例も今風なので
読みやすいです。

もっとも、「17歳の男女に話すつもりでこの本を書いた」と著者の
荒木さんは言っておられますが、やっぱりどうしたって、哲学は一
筋縄では理解出来ませんけど。
(著者の荒木さんは全部読破されたのでしょうね…すごいです)

17人の哲学者

プラトン、アリストテレス、アウグスティヌス、デカルト、ロック、
ライプニッツ、ルソー、カント、ヘーゲル、ショーペンハウアー、
マルクス、キルケゴール、ニーチェ、ベルグソン、ハイデカー、
サルトル、ヴィトゲンシュタイン


の考え方がまとまっているので、私は辞書的に利用しています。
例えば、サルトルはどんなこと言ってるんだっけなんて思った時。
(まぁ普段はそんなことはあまり思いませんが…)
この本を読んで哲学に興味を思ったら、ぜひ、それぞれの哲学者の
本を読むことをおすすめします。
じっくりと時間のあるときに、読むのには最適な本だと思います。
哲学の勉強をもう一度してみたい…そんな方に、まずはおすすめの
一冊です。 


この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』