width=10
ことば探し
★私は、幸せになることを心から喜んでいます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02610995

■本の検索■


出典名: 「お子さま男」のしつけ方
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 男女・恋愛
副題:  
著者: ベッテイ・マックレラン 
訳者: 貴美島 紀 
出版社: 廣済堂出版 
 
本の内容: タイトルがいいですね(笑)びしっとしつけましょう。

自分を変えたくない(変えるつもりもない)
つまり「お子さま男」のパートナーに、
「いつか変わってくれるかもしれない」
とすがる女性達のために書かれた本です。 

今、自分が「お子さま男」といっしょにいると思えるなら…
ぜひ一読をおすすめします。

その他
●「私はあなたのおかあさんじゃない!」
●「ちょっとはまじめな話ができないの?」
●「どうして、いつもわたしが悪いの?」
●「彼がわたしに暴力をふるう」
●「ずっと、だまされていたなんて」
●「許したい、でも許せない」

などなどのケースが41、書かれています。
ところであなたが感じる「男ってお子さま!」って感じる時は
どんな男性で、どんな時ですか?

そんなことを思い浮かべながら読んでみるのもいいですね。
なかなか興味深くて、考えさせられる本です。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
自分に非がないとき、罪を感じてはいけません。 罪悪感が頭をもたげてきたら、 そんなふうに感じる必要 この頃は、 悪くもないのに「すいません」と言うことを できるだけやめて(まだ、残っているが)、 こち 2004-12-12
「彼のジョークってつまらないし、  バカにされている気がする」 残念なことに、このごろでは、 一方 男性の言ったすべてのジョークではないが… とても笑う気になれなくて、 時として対応に困ることがある。 2004-12-03

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』