width=10
ことば探し
★私は、パートナー(○○さん)を心から大切にし、愛することを誓います★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02781371

■本の検索■


出典名: アドラー心理学を深く知る29のキーワード
おすすめ度: ★★★★☆ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 心・心理学、心の病
副題: 「社会」との良好な関係を追求する理論 
著者: 梶野真 (著), 岩井俊憲 (監修)  
訳者:  
出版社: 祥伝社 (2015/3/2) 
 
本の内容: ≪本からの紹介文≫

日本人は本当の「アドラー」を知らない!

つぎのような言葉を口にしていませんか?
「普通、そうだよね?」
「もう少し待ってください」
「うまくいかなかったら、どうしよう」
「私って、男運がなくて……」
「また私の誕生日を忘れたの?」
「オレって、本当にダメな人間だよね」
「子供のためを思ってやっているんです」

アドラー心理学は、個人と、仕事・交友・家族といった
「社会」との良好な関係を追求する理論である。
人生哲学のように活用もできる。
周囲からの視線に悩む日本人にこそ有効な考え方といえるだろう。
しかし、近年ブームとなる一方で、どこかわかりにくく
感じられてきたのは事実だ。
その一部だけが大きくとりあげられたり、
曲解されたりすることも多かったからである。
本書は、アメリカのアドラー心理学大学院を修了した著者が、
最新の知見を盛りこんだものである。実例主体で親しみ
やすく書かれている。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
「クライアントを勇気づける方法」 (スーザン・パイ・プローカ先生のよるもの) ・その人の価値を認 日本で「勇気づけ」というと、 「がんばれ」とか「君ならできるのに、なぜやらない」 など、叱咤激励的な 2017-10-05
人が「何を持って生まれてきたのか」 も大切ではありますが、アドラー心理学では、それ以上に、 「持っ 自分が「何を持って生まれてきたか」ということに とらわれてしまうと、これもない、あれもない、 あの人 2017-10-04

この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』